支部紹介

活動内容 
活動実績

 リンク

(公財)日本釣振興会

内閣府
〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 tel 03-5253-2111

水産庁
〒100-0013 東京都千代田区霞ヶ関1-2-1 tel 03-3502-8111

環境省
〒100-0013 東京都千代田区霞ヶ関1-2-2 tel 03-3581-3351

文部科学省
〒100-0013 東京都千代田区霞ヶ関3-2-2 tel 03-3581-4211

播州釣針協同組合
兵庫県釣針協同組合
(一社)日本釣用品工業会
全国釣竿公正取引協議会
(一財)伝統的工芸品産業振興協会

 活動実績
日本釣振興会・兵庫県支部の活動報告
2011年度も“稚魚の放流”“水辺環境の維持・保全”“釣りマナーの啓蒙・釣り普及”“組織強化”の目標を掲げて活動を推進してきました。

<魚族資源の保護・増殖活動>

○ 森林ボランティア活動

父のような山、母のような海、全ての生命を生み出す緑豊かな山、何処までも生命を育む海、釣りを楽しむものが少しでも環境を守り豊かな海を取り戻そうと、全日本サーフの会員が始めた植林ボランティア活動が一昨年より兵庫県釣り団体協議会の主催となったので日釣振兵庫県支部も協賛することになりました。

平成23年3月12日(土)には44名の参加で川西市黒川地区の伝統産業である菊炭の材料となるクヌギの苗を400本植林しました。

○ 稚魚放流事業

チヌノ海を取り戻そうとの思いで始めた放流事業でしたが近年チヌはかなり増え釣りを楽しむ対象となりました。

今年は従来のクロソイに変えてマコガレイの稚魚を7月6日(水)に尼崎地区は武庫川一文字から尼崎魚つり公園付近、神戸地区は須磨・平磯海づり公園周辺、加古川地区は二見人工島周辺へそれぞれ8,000匹放流したのに続き、9月7日(水)に姫路地区の姫路魚つり公園周辺にマダイの稚魚5,000匹を放流しました。

それぞれ成長を楽しみにしていきたいものです。



<水辺環境の維持・保全>

○ 一般釣り人への啓発目的で「釣り人宣言」「マナーブック」のパンフレット配布

10月16日(日)全国一斉釣り場清掃デー「水辺感謝の日」の垂水漁港での清掃のほか各釣り教室・釣り大会終了後の清掃を実施しました。


<釣りマナーの啓蒙・釣り普及>

○ 5月15日(日)“第10回兵庫県民釣り大会”を広く県民にポスターなどで呼びかけ募集

多数参加をしていただき家島諸島で実施しかなりの釣果のもとで楽しんでいただきました。

ジュニア「初心者釣り教室」を私学共催事業団の皆さんの参加のもとで開催しました。
シニア「ウキ釣り教室・波止場の実釣編」として7、8、9、10月の4回平磯海づり公園で 開催しました。

過去3年間実施しましたが今年はさらに女性の参加が増え釣りガールブームの到来を感じました。


<組織強化>

会員小売店などを通して釣りマナーの啓発チラシや釣り教本を一般釣り人へ配布をお願いし日本釣振興会の活動をPRし、またフィッシングショー大阪への来場を呼びかけております。





日本釣振興会とは兵庫県の釣り入会のご案内活動について会員一覧兵庫県支部紹介お問い合わせ